iii-office

    バーチャルオフィス・シェアオフィス

 
 
  
投稿者 : imura 投稿日時: 2020-10-08 18:42:54
先週から突然事務所のPCの調子が悪くなり、PCを更新することにしました。
ネット通販で新しいPC購入したのですが、その際にあわやソフトの再購入しなくてはいけないことになりそうでした。

それは、OfficeソフトをプレインストールしたPCを購入したのですが、それを有効にするためのシリアル番号が記載された用紙が箱の外側に貼り付けられており、それと知らずに箱を廃棄してしまったからです。

シリアル番号が記載されている用紙が同梱されていなかったことをメーカーのサポートに問い合わせたら、「それは、箱の外側に貼ってあります。」と言われ慌てて資源回収置き場から段ボールを回収して、事なきを得ました。

これまで通販でPCを購入したときには、箱の中にいかにも大事そうな風情で入っていましたので、まさか外側のだれでもその気になれば簡単に盗られるような形で送られてくるとは思いませんでした!

ちなみに、もし廃棄してしまった場合にどうなるかを聞いたら、「再購入となります」とのことでした!

皆さんも通販でPCを購入されたときには、箱などはPCのセットアップが完了するまで廃棄せずにとっておきましょう。
それにしても、大切なものを適当に貼付しておくのは不親切ですね。

保証書なども良く箱についていますが、大体は箱の内側に入っていて「重要書類 保証書在中」などと書いた封筒に入っている気がします。国産メーカーの衰退して、外資系のメーカーの商品を買うことが多くなりましたが、外国製品には文化、風土の違いがあるので、このような細かな点に注意が必要ですね。

スマホも海外製のものは説明書が付属してないかものすごく簡略化しているか場合が多いですね。国産品の分厚い説明書に慣れていると最初は違和感がありました。そういえば、国産のスマホはもう10年くらい買ってない気がする。

投稿者 : imura 投稿日時: 2020-09-10 18:47:56
新型コロナウィルスの流行で感染症予防に関心が高まっていますね。ワクチンのないCovid-19と違い、既にワクチンが開発されていても予防対策が不十分なために流行してしまう感染症もあり、麻疹、結核、風疹などがニュースになりました。

数年前に、中年男性が感染源として騒がれた風疹ですが、どうやら私の年代は風疹予防接種の空白期に当たるらしく、市から風疹予防接種の無料クーポンが送られてきました。

私のあやふやな記憶では、過去に風疹に罹ったことがあるような気がしていましたが、自分が感染を広めてしまうのは申し訳ないので、病院のすいていそうな月曜日の午後に時間を取って行ってきました。

手順として、「抗体検査」→「予防接種」とありましたが、インフルエンザのように抗体検査はすぐに結果が出て、1日で終わるものだと思っていました。

しかし、抗体検査は外部に依頼するようで1日目は採血のみでした。結果は1週間ぐらいとのことだったので、仕事が休みの「土曜日にまた来ればいいですか?」と聞いたら「来る前に電話で確認してください。」とのことでした。

土曜日の朝に電話したところ、「結果は出ていますが、電話ではお答えできないので病院に来てください」とのことでした。朝は病院は混んでいるそうなので、この時期に混んでいる病院には行きたくないと思い、11時過ぎに行きました。

行ってみると、10名くらいの患者が待っており比較的混んでいました。でも、受付を済ませるとすぐに呼び出されて、検査結果を聞くことができました。

結果は、「抗体は十分にあり、発病することも他人に伝染させることもまずない。」ということで予防接種不要でした。無料クーポンなので支払いをすることなくそのまま帰りました。

医療行為に関してはいろいろな規制があるためだと思いますが、「問題なし」ということを聞くためだけに、現在健康な私が感染リスクの高い病院に行かなくてはいけないことに疑問を持ちました。

風疹の予防接種をするのは健康な方ばかりだと思いますので、感染症拡大を防ぐための施策が逆に感染症のリスクを高めるような方法を取らざるを得ないことに矛盾を感じました。

予防接種不要の場合は、2度目の通院は無くして、電話連絡で完了する仕組みにして欲しいですね。本人確認が必要ならば、採血の際に事前に電話番号を申込書に記載して、病院で着信番号を確認するなどすれば可能だと思うのですが・・・。

投稿者 : imura 投稿日時: 2020-08-03 11:46:57
お盆期間は通常どおりの営業です。

土日、祝日以外は営業しております。

よろしくお願いいたします。

投稿者 : imura 投稿日時: 2020-08-03 11:45:08
コロナウイルスの影響で、最近はめっきりWeb会議が増えましたね。私も仕事でWeb会議に参加することがあるのですが、いろいろ考えさせられます。

Web会議は移動時間がかからず効率的な面も多いのですが、そのため逆に会議が増えてしまっているような気もします。

その際にWeb会議ならではの問題として下記のようなことがありますね。

1.カメラの具合はモニターで確認できるが、自分のマイクの調子は自分で確認できないため、必要以上に声を張ってしまいリアルな会議よりも疲れる。

2.自分の映像が常にカメラで捉えられてしまうので、監視されているような気がしてしまい、息を抜けない。

3.最近のデスクトップPCのモニタは大画面なので、ノートパソコンなどで接続している人が、カメラの位置調整をせずに顔が欠けているひと、または必要以上にアップでいるひと、が気になる。

4.会議の前後に、特定の参加者と会議とは関係のない話題で話したいことがあっても、全員に聞かれてしまうため、リアル会議ではできる話しができない。

最近はまたコロナの感染者が増えているので、ますますWeb会議は多くなるのでしょうね。こちらも慣れていかなくてはいけないんでしょうね。

投稿者 : imura 投稿日時: 2020-05-26 18:20:46
3月から大騒ぎとなったコロナウィルス騒ぎもようやく落ち着いてきました。マスク不足も解消されてきたようで、先週日曜の午後に行ったホームセンターではマスクがワゴンに山積みされていました。コンビニ等で買えるようになるのも時間の問題だと思います。 活動自粛により停滞した、学校教育と経済が心配ですね。サードオフィスでも新規のお問い合わせなどの件数が今年は激減しました。 今後、経済活動も通常に戻ることを期待しています。コロナ対策で話題になったテレワークなどもある程度は勤務形態の1つとして定着していくのではないでしょうか。 遠くのオフィスに通うことの必要性が見直されて、サードオフィスのような近くのシェアオフィスでテレワークすることが広がればうれしいと思っています。実際、家賃の高い都心のオフィスの規模を縮小してテレワークを進める企業も増えているようです。 テレワークとは言っても、自宅で仕事をする難しさを感じた方も多いのではないでしょうか。そのようなときに、仕事場としてのサードオフィスのご利用をおまちしております。

(1) 2 3 4 ... 43 »