iii-office

    バーチャルオフィス・シェアオフィス

 
 
コラム
コラム : イメージと違う統計などの数字には気をつけたほうがいいかも
投稿者 : imura 投稿日時: 2017-11-02 14:21:14
今日のニュースで秋の叙勲について伝えられていて、受賞者の人数が岐阜県の方か三重県より多かったのですが、私の中では三重県よりも岐阜県の方が人口が少ないようなイメージを持っていました。
東海3県で約1000万人ということはよく言われているので知っていたのですが、内訳にはあまり関心はありませんでした。

そこで調べてみたら、東海3県では愛知県726万人(全国4位)、岐阜県207万人(全国17位)、三重県184万人(全国22位)と岐阜の方が三重よりも20万人以上多かったのですね。何となく岐阜は海もなく山ばかりで人口があまり多くないような印象を持っていたので意外でした。岡山県192万人より岐阜県の方が人口が多かったのですね。

ついでに、私の中での関東、東海、近畿の人口を比較てみると、

関東 3,631万人(東京、神奈川、埼玉、千葉)
東海 1,134万人(愛知、岐阜、三重)
近畿 1,696万人(大阪、兵庫、京都)
合計 6,461万人
のようになり、私の持っていたイメージと随分違うものでした。

しかし、人口密度でみると
関東 2,678人/km2
東海  526人/km2
近畿 1,137人/km2
となり、東海地域は関東の1/5、近畿の1/2で私のイメージと近い感じです。

また、岐阜県は三重県の倍くらいの面積があったのですね。人口が多いのも納得です。

このように、ある数値だけで見ると自分のイメージが違うことがあるのですが、良く調べてみるとイメージどおりだったということがありますね。

ちょっと前に飲酒と健康リスクの関係はJカーブを描き、毎日少しづつ飲む人の方が全く飲まない人よりもリスクが低いということを言われていました。しかし、実際によく調べてみると、全く飲まない人は、病気や体質のために全く飲めない人が多く含まれており、毎日少しづつ飲む人は健康に関心の高い裕福層が多く含まれていることがJカーブを描く原因とのことが分かったというニュースがありましたね。

数値化されると信頼性が高いように感じますが、気を付けないといけませんね。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。