iii-office

    バーチャルオフィス・シェアオフィス

 
 
お知らせ
お知らせ : ものづくり補助金の公募が始まりましたね
投稿者 : imura 投稿日時: 2018-03-02 11:07:41
予想よりも早く、H29年度補正予算のものづくり補助金の公募が開始されましたね。
http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29mh_koubo_201802.html

でも、愛知県中小企業団体中央会のHPには公募要領が掲載されておらず、何だかバタバタ公募を開始している印象ですね。

補助金の概要については既に公表されていましたので、その情報からは変化はないようです。昨年度との違いは、補助額が最高1,000万円までになったこと。経営革新計画などの認定を受けない場合は、補助率が1/2になったことです。

補助額も補助率も低くなり、何だか毎年使い難いものになっていくような気がします。

この補助金は予算規模からみても、明らかに経済対策としての面が大きいと思うのですが、行政としては建前が大事なんでしょうね。

でも、あまり条件が厳しくなると、補助金を活用できる企業が限られてしまい、毎回同じ企業ばかりが採択されてしまう制度になってしまい、恩恵を受けられる企業に偏りが出過ぎてしまうような気がします。

予算規模と建前に矛盾があるような気がしてなりません。経済対策とするならば、最新設備の導入する企業に装置代の2/3を先着順に補助するなど、もっと簡単な手続きで補助する方式にすればよいのにと思います。

これまでも特定の機器(省エネ機器、太陽光発電など)を購入する際に上限を設けてばらまく補助金はありました。

そうすれば、私のようなコンサルタントに申請書の作成支援をしなくても、企業自身で手続きが簡単にできるようになるのではないでしょうか。申請支援する際に採択の基準がよくわからない補助金は仕事を受ける側も困ります。

他の補助金では、事前にいろいろ情報収集すれば採択が可能か困難かはだいたい予想がついて、依頼者にも困難そうであれば無駄な申請をしないほうが良いとアドバイスできるのですが、この補助金は採否の可能性が事前によくわからないので不採択となる案件の支援も結果として多くなります。

支援した案件の採択率が低下すると私の信用力も低下してしまうので、依頼者にとっても私にとっても得をしないものとなってしまいます。

何とかなりませんかね。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。