iii-office

    バーチャルオフィス・シェアオフィス

 
 
  
投稿者 : imura 投稿日時: 2018-11-08 11:31:07
最近、「ハラスメントゲーム」というTV東京系のドラマを見ているのですが、このドラマでは様々な職場のハラスメントについて描かれています。

私くらいの年齢の方は、「最近は何でもハラスメントと言われて困る」と感じられている人も多いようですが、私は就職した当初からいわゆるハラスメントについて皆が文句を言わないのを不思議に思っていました。

私からするとようやく私の感覚に時代が追い付いてきたという感じです。30年前からいまのようにサービス残業やハラスメントについて禁止されていれば、独立せずにずっとサラリーマンを続けていたかもしれません。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」という言葉が好きなのですが、世の中のほとんどは愚者なので、私を含めて経験しないと理解できない人が多いと思います。そのため、自分がされた教育・指導方法に私のように疑問を持たずに、当たり前と思っていた人は自分がされた方法でしか部下に教えられず、時代遅れの人となってしまいます。

特に、暴力・体罰のような激しいやり方は被害者が加害者となって暴力の連鎖となってしまうようです。それに関して下記のような研究結果があるようです。

「体罰」を禁じることで若者の暴力性が劇的に減少することが88カ国40万人を調査した研究で示される

https://gigazine.net/news/20181030-ban-spanking-less-violent/

部下を持っている方は気を付けないと「10年前の当たり前は、今の非常識」ということが多々あります。非常識の連鎖を断ち切り自分がされたことは部下にはしない心がけが重要かもしれません。

中小企業では人手不足のところが多いので、職場環境を今の常識に近づけないと定着人材の確保がより困難になると思います。

投稿者 : imura 投稿日時: 2018-09-26 16:53:42
久しぶりの投稿となりましたが、盆明けから急な仕事が立て続けに舞い込んで記事を更新する心の余裕がありませんでした。

どちらも期限が迫ってからの依頼でしたので、空き時間をそちらの仕事にとられていました。年齢とともに無理をするとその反動がひどくなりますので、休息はとりながら生活のリズムを崩さないように気を付けて仕事をすることにしています。

コンサルタントは基本的に個人事業的で、顧客も私を信頼して頂いている方から依頼されるので、他へ委託することもできません。そのため、年齢とともに健康管理には十分に気を付けるようになりました。

肉体的な健康管理はもちろんですが、それと同じくらい精神的な健康管理も重要となります。複数の仕事を同時に依頼されたときなどは、それらをバランスよく切り替えて仕事していくために気分転換も大切にしています。

定型業務ではない仕事なので、心にゆとりがなくなるとイライラして仕事の質も上がりませんし、効率が下がってしまいます。時間をかけても思うように仕事が進まなくなり、余計にイライラしてしまうという悪循環にはまりやすいです。

特に個人で事業をされている方は、何よりも体が資本だと思いますので、忙しい時ほど思い切って休んだり、趣味に時間を使うなど心と体の健康に気を付けることが大切だと思います。

投稿者 : imura 投稿日時: 2018-08-08 10:18:42
請求書などのタイトルで企業を標的にしたものが最近は増えていますね。
先日も
「<要返信:FAX>営業○・出荷×」
という件名で送信メールアドレスも
「m-tayama@takoume-foods.co.jp」
という、いかにも企業から届いたようなものでした。

添付ファイルにウィルスのExcelファイルが添付されていました。

本文は
------ 以下、引用 --------

いつも大変お世話になっております。

添付のフォーマットにご記入頂き、恐れ入りますがまでにFAXにてご返信お願い致します。

※「営業○・出荷×」とご記入お願い致します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
営業・商部
TEL(03)5213-6117/FAX(03)5213-6131
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

------ 引用終わり ---------

というもので、それらしい署名もありました。食品関係の企業の方ならば間違って開く可能性があります。

恐らく返信してもアドレスは架空だと思いますが、添付のウィルスファイルがどのような働きをするものなのかはわかりません。

食品関係のお仕事をされている人は、事務の方には注意を促した方がよいです。

それにしても、いかにもお盆休みの予定確認のようなタイミングと内容で悪質です。

私のところに来たときには、迷惑メールの振り分け機能が強力なGmailのチェックもかいくぐってきました。

皆様もお気を付け下さい。

投稿者 : imura 投稿日時: 2018-06-29 12:42:55
先日、休日の朝に寝ぼけて眼鏡を踏ん付けて壊してしまいました。

私は近眼、乱視、老眼の三重苦で眼鏡なしでは歩くことすらおぼつきません。一応、予備の眼鏡はあったのですが、それは老眼が進む前のものだったので今一つしっくりきません。

そのため、急いで眼鏡屋さんに行きました。眼鏡はレンズを支えるテグスが切れてしまっていたので、新しいものを買うつもりでした。

しかし、眼鏡屋さんに見せると「ワイヤーが切れているだけなので修理できます。」とのことでした。そこで修理をお願いして修理代を支払おうとしたら、なんと「消耗品の修理は無料です。」と言われました。

実はこの眼鏡屋さんは以前にも鼻あての部分が取れた時に無料で交換して頂いたところです。その件があって今回この店で新しい眼鏡を買おうと思っていたのですが、またまた無料の客となってしまいました。

私の中で、次に眼鏡を買うときにはこのお店で買うことに決定です。

良いサービスとはこのようにお客の心を掴むサービスですね。僅かな材料費と手間賃を無料とすることでファンをつくることに成功しています。

投稿者 : imura 投稿日時: 2018-05-24 15:33:01
年度末年初、補助金公募などの時期がようやく通り過ぎて、私の仕事もひと段落したようです。

まだ幾分かの余韻のような仕事がありますが、一時の締め切りに追われた続ける日々は終わりました。

時間があるときには、サードオフィスの新規利用者募集の営業をしなくてはいけないのですが、これまでの経験では営業経費は計画的に使えるのですが、残念ながら効果が伴いません。

原因はそもそも潜在的な利用者が少ないので、中途半端にお金をかけて宣伝してもなかなかその方たちへ認知してもらえないためです。

チラシ配布や雑誌への広告掲載などしたことはあるのですが、実際の利用者の方に何でサードオフィスを知ったかについてお聞きすると、ホームページを見たという方がほとんどです。

そのため、このような新着情報を地道に書き続けて検索順位を上げることが一番効果的なようです。

しかしながら、検索エンジンのhttpsの使用に伴って検索ワードが不明になってしまったので、ホームページにどのようなキーワードで到達しているかもわかりません。

潜在的な利用者と知り合いたいのですが、看板をあげていない人はなかなか見つけることができないので、相手から見つけてもらうように努力をすることが現実的です。

弊社の営業方針として、お問合せ頂いた方に対して営業メールをしつこく送るなどすることはいたしませんので、お気軽にお問い合わせください。

(1) 2 3 4 ... 12 »